カーニヴァル 始まりの輪舞曲

kanisute_top

THE STAGE『カーニヴァル 始まりの輪舞曲』

2016年5月20日(金)~5月29日(日) 全12公演
あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)

概要


御巫桃也(みかなぎとうや)の『カーニヴァル』は、2007年より『コミックZERO-SUM』(一迅社刊)にて大好評連載中。4/25にはコミック17巻が発刊。2013年にはテレビアニメ化され、美麗な絵柄と確固たる世界観で展開される大ヒットファンタジー作品。

あらすじ


日雇いの仕事やスリで日銭を稼ぐ少年・花礫(ガレキ)は盗み先の館で、
腕輪を残して消えた青年“嘉禄(カロク)”を捜すため旅をしていた不思議な少年・无(ナイ)と出会う。
その館で能力者(ヴァルガ)に襲われた二人は、
国家防衛最高機関「輪(サーカス)」によって救出され強制的に保護された。
輪の移動中「故郷に寄って欲しい」という花礫の申し出により、
花礫と无そして監視役の輪第貳號艇闘員・與儀(ヨギ)と共に「幻燈の街・カラスナ」へ向かう。

カラスナで花礫は幼馴染のツバメと再会するも、
震える彼女の口から「人を殺してしまった」と打ち明けられる。
事の詳細から輪が追う能力者(ヴァルガ)との関係性を疑う彼ら。
しかし、その現場で彼らが見た真実(もの)とは……。

キャスト


无役:倉持 聖菜
花礫役:飯山 裕太
與儀役:鷲尾 修斗
ツクモ役:岡林 佑香
平門役:岸本 卓也
ツバメ役:甲斐 千尋
ヨタカ役:大見 拓土
ツバキ役:小板橋 みすず
迷呀役:黒木 シオン

スタッフ


原作:御巫 桃也、一迅社、カーニヴァル製作委員会
企画:庄司 清彦(映劇)
制作:高橋 正佳(映劇)、穀田 正仁(エイベックス・ピクチャーズ)
プロデューサー:豊 陽子(映劇)、堀達郎(エイベックス・ピクチャーズ)
脚本・歌詞:石橋 大樹
演出:赤澤 ムック
製作:映劇 株式会社
主催:2016THE STAGE『カーニヴァル』製作委員会

公式サイト 『カーニヴァル 始まりの輪舞曲』

kanisute00   kanivare_01

kanisute_t
©御巫桃也/一迅社・カーニヴァル製作委員会
©2016THE STAGE『カーニヴァル』製作委員会

PAGE TOP