会社概要

私はかつて三十年に渡り、TVやビデオ、実写やアニメ、時代劇や前衛劇、ドキュメンタリーなどの映画産業に携わってきました。映画はファッションや文化、知識など情報の宝庫であり、そして最大の娯楽であり、コンテンツの王様でした。また映画は他の映像メディアと比較し、とても高い難易度のビジネススキルや市場観測が求められ、メディアの中でも特に高いレベルの商取引が行われている産業でした。
そんな映画に従事していたわれわれが、アニメライブに携わったのは必然だったのかも知れません。初めてこのアニメライブの作品を製作した時のことです。劇場においでになるお客様の笑顔や感動の涙を流す姿を見て、作品が深く愛されていることを知り、そして何度も足を運ばれる方々がいることに、われわれは映画以上のエンターテインメントの真髄を見たのです。
ライブだからこその息遣いやわずかな演技の違いなど、その日、その公演でしか出逢えない、ナマの感動を求めていらっしゃる大勢の観客の姿――それは映画と言う“記録コンテンツ”出身のわれわれが経験したことのない、根源的かつまったく新しい感動でした。
毎公演、アンケートにはご要望と共に叱咤の言葉が並びます。これほどまでに丁寧に書いてくださることに、お客様の期待の高さを深く強く感じています。どれだけよい舞台を作ろうとも、お客様に観て頂かなければ完成しません。そのことを心に刻んで、これからも皆様に喜んで頂ける舞台を作ってまいります。

当社の手掛けるライブコンテンツはわれわれが蓄積してきた、映画のさまざまな技法を持ち込んだ、これまでのライブ・エンタテイメントとはまったく異なる、新しいコンテンツです。これからも皆様のお越しを劇場でお待ちしておりますので、どうぞ存分にお楽しみください。

担当取締役 庄司清彦

芸術監督・演出からのご挨拶

=「原作ファンが喜ぶ」舞台化=

これが、舞台化を創めた当初からの私の強い思いです。

当時は、今ほどアニメ・漫画・ゲーム原作の舞台、いわゆるアニメライブは多くはありませんでした。
そんな中、最初のタイトルを任された時、上司に伝えたのは「有名な俳優ではなく、原作に似ているキャスティングを」ということでした。
それまでの実写化にどうしても拭いきれなかった、原作ファンとしてのわだかまりがあったからです。

二次元のかっこよさと三次元のかっこよさや実現できるかどうかとなると話は違います。
例えば、前髪が右向きでも左向きでも同じように外側に跳ねていて、実際はどちら向きに跳ねさせようか? 設定通りでは身動きできない衣装だが、どこまで素材感と実際の動きの妥協をさぐるか?など、作り始めてみないと判明しないことも沢山ありました。
それでも、原作ファンなら、このキャラクターなら、と、スタッフが一人一人考えて舞台を作り上げていきました。
そして、経験や知名度より「姿や声や佇まいが似ている」と選ばれたキャスト達も、役が決まった時から原作を何度も見返して、内面からそのキャラクターを作り上げていきます。

その熱量は間違いなく舞台で、お客様に伝わるものです。

原作のキャラクターそっくりに作り上げるルックス。
人間が演じることで、より感情移入がしやすくなるような自然さ。
「原作をどう実写化したら、一番原作らしいか?」を追及した、ジャンルに捕らわれないステージスタイル。

本当にあのキャラクターが目の前にいたら?と考えた結果が私たちの舞台です。

原作を超えることでもなく、原作とは違うことをすることでもなく、原作の新しい解釈を常に心がけています。

「一番、原作を応援しているファンにまずは喜んで欲しい」

今後もその姿勢を崩さずに、丁寧に舞台化を行ってまいります。

芸術監督・演出 豊 陽子

会社概要

映劇株式会社は総合的コンテンツ事業の会社として発足し、2016年10月に株式会社劇団飛行船と合併し、映劇ライヴエンタテイメントとして、映像・演劇・ライブ等コンテンツの製作・配給・興行網を有し、国内有数のプロデューサーとクリエイターを擁して、事業展開致します。
さらに各種大学機関と提携して、新しいマーケティングリサーチ・エンジンやクリエイティヴ・タレントを開発・育成、顧客の皆様に御満足頂く、新規企画の開発を行います。また研究機関との連携により、研究スタッフやインターン制のコンテンツ事業へのジョイントを実現し、先端的なエンタテインメント事業を実現します。
映劇ライヴエンタテイメントの標榜する事業理念は以下の通りです。

(1)事業
①映像・ライブ・感動・研究によって世界平和と産業振興に貢献します
②企画・製作・流通・宣伝・小売まで、コンテンツのトータルビジネスを行います
③新しい業界標準のビジネスモデルを開発・提案し、コンテンツ業界に新しいビジネス
スキームや流通・製造モデルを御提案致します
(2)研究
①先端企業や研究機関との共同研究により、新しいコンテンツの事業モデルと
ホスピタリティを追求します
②コンテンツ産業の各種マーケティングリサーチを始め、事業デューデリジェンスシステムを
構築します
(3)制作
①映画発の独自の国内有数製作スタッフがオペレーションします
②外郭団体として、世界的巨匠の円谷英二と実相寺昭雄の薫陶を受けたスタッフにより組成
される、実相寺組LLPを保有、オンリーワンなクリエイティヴィティをあらゆるメディアに
御提供します

部署名:株式会社劇団飛行船 映劇ライヴエンタテイメント
所在地:〒113-0023
東京都文京区向丘2-12-4 東大前向丘コーポB1F
TEL:03-5809-0107 FAX:03-6745-8899
取締役:庄司 清彦
本 社:株式会社劇団飛行船
所在地:神奈川県川崎市多摩区登戸3375-1
設 立:昭和41年9月8日
資本金:43,789,000円
主要取引先: (株)ドワンゴ/(株)東京ドーム/(株)角川書店/(株)アニプレックス/
(株)サンライズ/(株)バンダイビジュアル/(株)博報堂DYメディアパートナーズ/(株)ショウゲート/
(株)文化放送/(株)イマジカ・ロボットホールディングス/アイディアファクトリー(株)/(株)ディースリー・パブリッシャー/(株)ローソン/(株)ファミリーマート/(株)星光堂/(株)ハピネット
など(順不同)

事業の目的
1.舞台、映画、映像、放送作品、演劇、演芸、公演、イベントの企画、制作、構成、演出、運営
及びその請負、委託、興行、配給並びに輸出入及びライセンス
2.教育、学校、セミナー業務、および就職活動やインターン業務等、受講者への産業情報、就職
情報の提供業務
3.映画、映像、テレビ番組の発売、ビデオソフト、光ディスク、デジタルビデオディスクの企画、
制作、輸出入、配給、販売
4.音楽、出版物、マーチャンダイジング等の企画、制作、編集、販売、輸出入
5.キャラクター商品の企画、開発、商品化権の取得、利用方法の開発、使用許諾、管理及び譲渡
並びにこれらの仲介
6.キャラクター商品の輸出入並びに販売
7.映像・音楽及び音声に関するソフトウェアのインターネットのネットワークシステムを利用した
配信、放送、放映及びインターネット経由での商品販売
8.デジタル及びインターネットコンテンツの企画、デザイン、編集、制作、開発、販売並びに賃貸
9.映像・演劇・音楽・書籍・キャラクター商品・イベント等娯楽・芸能活動に関するサービスを
利用する会員組織の運営並びに著作権等の知的財産権の取得、譲渡、貸与、販売、管理、運用
10.広告代理業及び広告、宣伝に関する企画並びに制作
11.セミナー、講座等の開講、および受講者への就職情報並びに相談、インターン研修提供

沿革
2010年
10月 (株)映人の舞台制作事業を独立させ、新会社設立
2011年
7月『ミュージカル忍たま乱太郎Ⅱ』公演(スタッフ参加)
7月『スーパーミュージカル聖闘士星矢』公演(スタッフ参加)
8月『ニコニコミュージカルカンタレラ』公演(スタッフ参加)
12月『スーパーミュージカル聖闘士星矢』再演(スタッフ参加)
2012年
1月『ミュージカル忍たま乱太郎Ⅲ』公演(スタッフ参加)
3月株式会社へ改組
4月『舞台版「コードギアス 反逆のルルーシュ」騒乱 前夜祭(イヴ)』
9月『らき☆すた≒おん☆すて』
2013年
3月ドラマCDレーベル「e☆star」設立
4月『華ヤカ哉、我ガ一族 オペラカレイド』
6月舞台レーベル「オトメライブ」設立
8月『華ヤカ哉、我ガ一族 オペラカレイド “再会”』
9月『CLOCK ZERO 〜終焉の一秒〜 A live Moment』
12月『十鬼の絆~関ヶ原奇譚~恋舞』
2014年
3月『CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ A live Moment 再演』
5月『STORM LOVER ~波打ち際の王子SUMMER!~』
8月『ハマトラ THE STAGE -CROSSING TIME-』
11月『CLOCK ZERO 〜終焉の一秒〜 rin-g-age』
12月『華ヤカ哉、我ガ一族 オペラカレイド “狂宴”』
2015年
3月『ハマトラ THE STAGE -DOUBLE MISSION-』
5月『STORM LOVER ~波打ち際の王子SUMMER 改!~』(制作受託)
7月『CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Re-verse-mind』
10月『魔劇「今日からマ王!~魔王再降臨~」』
2016年
1月『アルカナ・ファミリア -Valentino-』
3月『CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ WatchOver』
5月 THE STAGE『カーニヴァル 始まりの輪舞曲』
9月『アルカナ・ファミリア -23枚目のタロッコ-』
10月株式会社劇団飛行船に合併
12月『オトメライブ 猛獣使いと王子様』
2017
1月『ミュージカル イケメン王宮◆真夜中のプリンセス』
 

関連会社
 

PAGE TOP