制作技法

制作技法

 われわれ映劇のクリエイティヴ・メンバーおよびマネジメント・メンバーは、いずれも映画界出身のスタッフです。また現在も映画制作を行っているスタッフも多く、そのため、先端的な映画のソリューションをこのアニメライブのラインナップへ持ち込むことで、他の企業や類似コンテンツとはまったく異なった作品創りを行っています。それはスタッフィングや制作パートのセグメントに関わらず、脚本の作成方法や美術、音楽、映像技法等にまで及びます。
 また映劇の行う“舞台化”とは、決してアニメやコミックをそのまま実体化することではなく、映画の“実写化”の概念と同じで、皆さまのお気に入りのキャラクターが「本当に実在したら?」「これなら現実世界に存在したとしても不思議ではない」というコンセプトの下、キャスティングし、メイク、ヘアメイク、衣裳作成を行っています。そのため、アニメや原作画そのままの実体化というよりも、やはり“実写映画化”と同義的な作品創りを制作モードとしており、これまで多くの観客の皆さまに好評を頂いて参りました。それはアニメやCGでよく見られる“物理的に在り得ない髪型や衣裳”や再現不可能な物理現象に対して、“実際の物理現象”へと「実写翻訳」していくことであり、その技術力こそが、われわれ映劇の最大の制作ソリューションということなのです。
 これまで多くの原作元やアニメ企業の方々に、この映劇の“実写翻訳としての舞台コンセプト”を理解いただき、数々のヒット作を生み出して参りました。
 これからも数多くの喜ばれる作品を皆さまに御観覧いただくべく、映劇はこの“実写化精神”を変わらすに作品創りの根幹に据え、日々、研究・分析、制作して参ります。

チーフクリエイティヴオフィサー

PAGE TOP